水虫に悩まされる男性とニゾラールの画像

小さい頃は可愛いかった娘も今では「家では四つん這いで歩け」と言ってきます。私が水虫だから。サラリーマンならわかる方は多いと思いますが、ずっと革靴を履いてると蒸れやすくなるんですよね。そんな水虫の悩みにはニゾラールが効果的らしいんです。

水虫の足の治療に対するニゾラールの使い方

水虫というのは足に白癬菌が感染する事によって発症し、抗真菌薬であるニゾラールを用いれば治療する事が可能です。
ニゾラールの使い方について説明をするとローションかクリームがあり、一般的にはどんな症状に対しても用いやすいクリームが処方されやすいです。
一方、ローションは刺激が強い代わりに浸透力がクリームよりも高いので、皮膚が角質化して厚くなっている場合はクリームタイプよりも適しています。
ニゾラールの使い方についてはいずれにしても特に難しい事は無く、患部に対してローションやクリームを一日一回塗布するだけです。
ただ、クリームの場合は肌の奥にまで浸透させるためにも刷り込むようにして塗るようにした方が良いです。
また、治療を行う場合には患部にのみピンポイントで塗るのではなくその周囲に対しても塗るようにする事、それに治療を行う時には半年や1年以上かかるケースもあるので、たとえ中々完治しなくても症状が改善されているのであれば根気よく続けるようにする事が大切です。
一日一回だけなので治療を続けるのは楽ですが、もっと多く塗った方が良いのではないかと使用回数を勝手に増やす事は避けておいた方が良いです。
ニゾラールは副作用は少なく重篤な副作用の心配はほとんど無いのですが、肌に塗る事でかゆみやかぶれといった症状を起こす事があります。
塗る回数を増やしてしまうと、そうした副作用の症状が現れやすくなって皮膚が荒れたりかぶれを起こす事もあるのです。
また、水虫に感染してしまっている場合は、白癬菌を感染させてしまったり繁殖しやすい環境にならないように、感染源となりやすい靴下やバスマットなどを小まめに洗濯して清潔にするようにした方が良いです。